オフィスの喫煙所と分煙機

オフィスの中では禁煙と言う会社が多く有ります。
この禁煙と言うのは、喫煙者にとってはとてもつらい事であり、喫煙が出来るのは休憩時間などのみと言うケースも多くなっています。
イライラしてしまう事で仕事への効率が悪くなってしまったり、ミスが起きてしまう可能性も有ります。


そこでオフィス内は禁煙にしていても、喫煙者のための喫煙所が設けられているケースも多いのです。



喫煙所は喫煙者のみが出入りする空間でもあり、全ての社員が利用する場所では無いため、広さとしてはそれほど広くは有りません。狭い空間の中に大勢の喫煙者が集まり、喫煙を開始すれば、たちまち室内は煙が充満する事になります。
いくら喫煙を行う人でも、煙が充満してしまっては息苦しい思いをする事になりますし、人が吐き出した煙は有害な物質が含まれており、自分が吸う煙草の害だけではなく、人が吐き出した煙による害も生じることになるのです。



喫煙所の中には分煙機が取り付けられており、煙が充満するのを防いでいるのです。

分煙機には強力な吸引力、脱臭装置、そして空気清浄装置と言った機能があり、室内の空気を浄化する事で煙による害を防止することが出来るようになっています。



尚、分煙機はテーブル型になっているものもあれば、据付型や天井に取り付けるタイプなど色々なタイプが用意されています。


また、分煙機は飲食店の中などでも取り付けられており、お店に来たお客さんの健康を守ってくれる役割を持つのです。